Preloader

Asahi Shimbun Digital – News Japan

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。

 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。

 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。

 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。

 日本の先発メンバーは次の通り。

 ▽GK 権田修一(清水エスパルス)

 ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル)

 ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク)

 ▽FW 前田大然(セルティック)

 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。

 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

日本、サイドから何度か得点機 前半は攻勢 8強かけたクロアチア戦

Asahi Shimbun Digital

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日(日本時間6日午前0時)、アルワクラのアルジャヌーブ競技場で行われる決勝トーナメント1回戦で日本代表(世界ランキング24位)は初の8強入りをかけて前回準優勝のクロアチア代表(同12位)と対戦した。 前半3分、日本は右CKの好機。ショートコーナーから遠藤航(シュツットガルト)がクロスを上げ、谷口彰悟(川崎フロンターレ)のヘディングシュートを放ったが、ゴール左へ外れた。 前半12分、日本は伊東純也(スタッド・ランス)の右クロスに、前田大然(セルティック)、長友佑都(FC東京)が走り込んだが、届かなかった。 日本は冨安健洋(アーセナル)が今大会初先発、堂安律(フライブルク)、遠藤航(シュツットガルト)がコスタリカ戦以来の先発メンバーに入った。体調不良で全体練習に参加していなかった久保建英(レアル・ソシエダード)はベンチ外となり、DF板倉滉(ボルシアMG)は累積警告で出場停止。クロアチアはモドリッチ、コバチッチら主力が名を連ねた。 日本の先発メンバーは次の通り。 ▽GK 権田修一(清水エスパルス) ▽DF 長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、冨安健洋(アーセナル) ▽MF 伊東純也(スタッド・ランス)、守田英正(スポルティング)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、遠藤航(シュツットガルト)、堂安律(フライブルク) ▽FW 前田大然(セルティック) 日本は1次リーグでドイツ(同11位)、スペイン(同7位)の優勝経験国にいずれも逆転勝ちし、2勝1敗のE組首位で決勝トーナメントに進出。一方、クロアチアは1次リーグを1勝2分けのF組2位で通過。若い守備陣とMFモドリッチら経験豊富な選手がまとまり、勝ち上がってきた。 両チームの過去の対戦成績は1勝1敗1分け。1997年のキリンカップでは、日本が4―3で勝利。日本が初出場した98年W杯フランス大会1次リーグでは0―1で敗れた。2006年W杯ドイツ大会1次リーグでも再び顔を合わせ、0―0で引き分けた。

「歴史の証人になりたい」日本サポーター、8強進出へ競技場で声援

Asahi Shimbun Digital

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。日本―クロアチア戦が開かれたアルジャヌーブ競技場では、サポーターが一斉に日の丸を振り、声援を送った。 日本代表にとって、史上初のベスト8進出がかかる試合。W杯は初めてという東京都の大学生野波寛之さん(20)と広瀬晃太さん(21)は1次リーグ最終戦のスペイン戦と、決勝トーナメント1回戦のチケットを取っていたという。「グループリーグを1位通過してくれると信じていた。歴史の証人になりたい」 横浜から来た萩原仁志さん(61)はW杯は6回目。妻、友人の息子と3人でカタールへ。元々、この日は「観光の予定だった」と笑う。ただ、代表の雄姿を見届けたいとチケットをなんとか取った。「(森保一)監督への信頼や結束を感じる。これまで見たことないような戦術も繰り広げている。毎回、どんな新しい戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ない」(アルワクラ=江戸川夏樹)

「歴史の証人になりたい」日本サポーター、8強進出へ競技場で声援

Asahi Shimbun Digital

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。日本―クロアチア戦が開かれたアルジャヌーブ競技場では、サポーターが一斉に日の丸を振り、声援を送った。 日本代表にとって、史上初のベスト8進出がかかる試合。W杯は初めてという東京都の大学生野波寛之さん(20)と広瀬晃太さん(21)は1次リーグ最終戦のスペイン戦と、決勝トーナメント1回戦のチケットを取っていたという。「グループリーグを1位通過してくれると信じていた。歴史の証人になりたい」 横浜から来た萩原仁志さん(61)はW杯は6回目。妻、友人の息子と3人でカタールへ。元々、この日は「観光の予定だった」と笑う。ただ、代表の雄姿を見届けたいとチケットをなんとか取った。「(森保一)監督への信頼や結束を感じる。これまで見たことないような戦術も繰り広げている。毎回、どんな新しい戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ない」(アルワクラ=江戸川夏樹)

「歴史の証人になりたい」日本サポーター、8強進出へ競技場で声援

Asahi Shimbun Digital

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。日本―クロアチア戦が開かれたアルジャヌーブ競技場では、サポーターが一斉に日の丸を振り、声援を送った。 日本代表にとって、史上初のベスト8進出がかかる試合。W杯は初めてという東京都の大学生野波寛之さん(20)と広瀬晃太さん(21)は1次リーグ最終戦のスペイン戦と、決勝トーナメント1回戦のチケットを取っていたという。「グループリーグを1位通過してくれると信じていた。歴史の証人になりたい」 横浜から来た萩原仁志さん(61)はW杯は6回目。妻、友人の息子と3人でカタールへ。元々、この日は「観光の予定だった」と笑う。ただ、代表の雄姿を見届けたいとチケットをなんとか取った。「(森保一)監督への信頼や結束を感じる。これまで見たことないような戦術も繰り広げている。毎回、どんな新しい戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ない」(アルワクラ=江戸川夏樹)

「歴史の証人になりたい」日本サポーター、8強進出へ競技場で声援

Asahi Shimbun Digital

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。日本―クロアチア戦が開かれたアルジャヌーブ競技場では、サポーターが一斉に日の丸を振り、声援を送った。 日本代表にとって、史上初のベスト8進出がかかる試合。W杯は初めてという東京都の大学生野波寛之さん(20)と広瀬晃太さん(21)は1次リーグ最終戦のスペイン戦と、決勝トーナメント1回戦のチケットを取っていたという。「グループリーグを1位通過してくれると信じていた。歴史の証人になりたい」 横浜から来た萩原仁志さん(61)はW杯は6回目。妻、友人の息子と3人でカタールへ。元々、この日は「観光の予定だった」と笑う。ただ、代表の雄姿を見届けたいとチケットをなんとか取った。「(森保一)監督への信頼や結束を感じる。これまで見たことないような戦術も繰り広げている。毎回、どんな新しい戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ない」(アルワクラ=江戸川夏樹)

「歴史の証人になりたい」日本サポーター、8強進出へ競技場で声援

Asahi Shimbun Digital

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。日本―クロアチア戦が開かれたアルジャヌーブ競技場では、サポーターが一斉に日の丸を振り、声援を送った。 日本代表にとって、史上初のベスト8進出がかかる試合。W杯は初めてという東京都の大学生野波寛之さん(20)と広瀬晃太さん(21)は1次リーグ最終戦のスペイン戦と、決勝トーナメント1回戦のチケットを取っていたという。「グループリーグを1位通過してくれると信じていた。歴史の証人になりたい」 横浜から来た萩原仁志さん(61)はW杯は6回目。妻、友人の息子と3人でカタールへ。元々、この日は「観光の予定だった」と笑う。ただ、代表の雄姿を見届けたいとチケットをなんとか取った。「(森保一)監督への信頼や結束を感じる。これまで見たことないような戦術も繰り広げている。毎回、どんな新しい戦いを見せてくれるのか楽しみで仕方ない」(アルワクラ=江戸川夏樹)

December 2022
M T W T F S S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031